• TOP
  • お知らせ
  • NEWS
  • DXYZとチャイルド社が保育園向けに 顔認証プラットフォーム「FreeiD」の販売業務提携開始 〜先行導入保育園では、9割超の保護者が利便性を体感〜 

DXYZとチャイルド社が保育園向けに 顔認証プラットフォーム「FreeiD」の販売業務提携開始 〜先行導入保育園では、9割超の保護者が利便性を体感〜 

顔認証プラットフォーム『FreeiD (フリード)』を開発・提供するDXYZ株式会社 (ディクシーズ、東京都新宿区、取締役社長 木村晋太郎、以下 DXYZ)は、株式会社チャイルド社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:柴田 豊幸、以下チャイルド社)と保育園向け顔認証入退場サービスの販売業務提携を開始いたしました。本提携により、顔認証プラットフォーム「FreeiD」を保育園向けに本格的に展開し、ICT化が推進されている全国の保育園・児童福祉施設の業務改善および通園するお子様と保護者の安心・安全な暮らしに貢献してまいります。

■ 導入の背景と今後の展開について

 

DXYZは、自社が開発・提供する顔認証プラットフォーム「FreeiD」をチャイルド社のグループ会社である株式会社三恭(本社:東京都杉並区、代表取締役:柴田 豊幸)が運営するパピーナ西荻北保育園に昨年11月に導入し(※1)、今年1月に保護者を対象に導入効果についてアンケートを実施いたしました。

その結果、9割超の保護者が利便性向上を実感する声を挙げられたほか、安全面の向上や時間短縮、保育士の業務削減、非接触ゆえの感染対策の安心面など、様々なメリットを実感されていることがわかりました。

ベネッセの調査によると、幼稚園児・保育園児の子どもをもつ保護者が最も気がかりだと回答した項目に「犯罪や事故に巻き込まれること(75%)」が挙げられています。(※2)子どもに対して安全・安心が求められる中、パスワードやIDカードによる入退室はパスワードの流出や、IDカードの紛失・使い回しなどセキュリティ面で不安が残るほか、インターフォンによる解錠は、園運営スタッフの解錠操作の負担がありました。

「FreeiD」の顔認証の導入により、当事者本人しか入退室ができなくなり、より安全且つスムーズな入退室の実現が可能となりました。

この結果も踏まえ、2022年4月開園予定のパピーナ南荻窪保育園(仮称)にも、顔認証プラットフォーム「FreeiD」を導入することを決定し、DXYZとチャイルド社は、全国の保育園・幼稚園・児童福祉施設向けに「FreeiD」を販売する業務提携を結ぶことにいたしました。

※1:導入のプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000100.000021233.html

※2:ベネッセ総合教育研究所2008年の調査

■ アンケート結果 

【保護者の声】


フリーコメント欄で「FreeiD」の良い点についての回答は大きく以下4点でした。

① 登録者のみが入室できることによる安全面の改善

➁ スムーズな開錠により出勤前後の保護者の貴重な時間を確保できる

➂ 先生方のインターフォン対応業務が削減でき、保育の質の向上に繋がる

④ 非接触で感染リスクを軽減でき、コロナ禍でも安心

【実際のコメント】

「登録者のみ解錠できることはとても安心です。また、以前は先生方が子どもの保育をしながらの解錠だったので、対応が大変だったと思います。今は認証のタイミングで解錠するようになったので、先生方の負担軽減に繋がっていれば幸いです。」

「安全性が高くなり、解除時間も短縮された。」

「ハンズフリーで開けられる。先生のお手間を煩わせず開けられる。声に出して名乗らなくて良い。」

「非接触で解錠できることが、利便性が高く・コロナ対策としても安心です。」

【保育園職員の声】

 

以前は職員がインターフォンの鳴るたびに名前と顔の確認をして開錠していたことや、インターフォン等の手が触れるものについては頻繁に消毒を行っていたことから、登降園時に多くの時間が取られていました。FreeiDの導入により、保護者の方が顔認証で安全に自ら入室できるようになり業務負荷が劇的に軽減されました。また、園児が保護者の真似をしてインターフォンを押してしまうことも多々ありましたが、そのような誤作動も解消されました。

管理画面についても使いやすく、一度説明いただくだけでどなたでも使えるものであり、他の保育園でも今後、顔認証による入退室が普及していくのではないかと考えています。

 

<DXYZ 取締役社長 木村 晋太郎のコメント>

 

私も2児の父であり子供を保育園に通園させる中で、送り迎えの際にインターフォンで開錠するため、朝の忙しい時間帯に保育士さんが開錠用の受話器を握りしめている姿を見て、顔認証による業務効率化ができればと考えておりました。また、子供のクラスと名前を声で伝えるだけで開錠されていたので、子供を預ける施設のセキュリティとしても不安を感じておりました。

この度、チャイルド社様から保育園での実証実験の機会を頂戴し、アンケート結果からも多くの保護者さまからポジティブなご評価をいただけたことは大変嬉しく思います。

今後、同社と販売業務提携を推進し、保育園向けに顔認証システムを展開することで、お子様の安心・安全性の向上と保育士さんの負担軽減に少しでも貢献できれば幸いです。

 

■ 顔認証プラットフォーム「FreeiD (フリード)」について

 

FreeiDは鍵や財布・スマホを持つことなく、手ぶらでリアルな世界でのあらゆる行動(「入退」・「認証」・「決済」)を繋ぐ顔認証プラットフォームです。

これまでの顔認証サービスはアプリやシステムがばらばらで、利用場所ごとに顔の登録が必要でした。FreeiDは多種多様な顔認証エンジンと連携することで、1度の顔登録で様々な顔認証サービスを利用*することができます(特許第 6839313号)。

現在、FreeiDアプリでマンション・オフィス・保育園・ゴルフ場等へ「入退」・「認証」の顔認証サービスを提供しております。今後、「入退」・「認証」の利用シーン拡大(テーマパーク・ホテル・イベント等)、「決済」の店舗・自動販売機等へのサービス提供を予定しております。
* お客さま自身がご利用したい場所・サービスを選択 (オプトイン) してご利用できるようになっております。

■ チャイルド社について

 

チャイルド社は、昭和23年創業以来約70年にわたり、幼稚園・保育園・児童福祉施設をお客様とし、教育・保育に関する商品・サービスを企画・販売・提供させていただいています。

『幼児の 美しいこころ すこやかなからだ ゆたかな夢 をそだてる』を当社の経営理念(『私たちの願い』)に据え、お客様である「園のお役に立つこと」、そのことが「一人一人の子どもの最善の利益確保」につながると考え、その実現を目指しております。

 

■ 会社概要

 

会社名     DXYZ (ディクシーズ) 株式会社
代表者     取締役社長 木村 晋太郎
所在地       東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階
設立      2020年8月
事業内容  顔認証プラットフォーム事業
URL          https://dxyz.co.jp/

 

会社名   株式会社 チャイルド社
代表者    代表取締役社長 柴田 豊幸

所在地   東京都杉並区南荻窪4-39-11
設立     1948年11月
事業内容  教育・保育に関する商品・サービスの企画・販売・提供事業

URL          https://www.child.co.jp/

 

事務所・施設へのFreeiD導入や
サービス提携のご相談はこちら

CONTACT