• TOP
  • お知らせ
  • PRESS RELEASE
  • DXYZとxID、「マイナンバーカード連携 顔ダケで、市民サービス」 顔認証受付の実証事業を亀岡市と実施 ~xIDと顔認証プラットフォームFreeiDが連携~

DXYZとxID、「マイナンバーカード連携 顔ダケで、市民サービス」 顔認証受付の実証事業を亀岡市と実施 ~xIDと顔認証プラットフォームFreeiDが連携~

 DXYZ株式会社 (ディクシーズ、東京都新宿区、取締役社長 木村 晋太郎、以下「DXYZ」) は、DXYZが提供する顔認証プラットフォーム「FreeiD(フリード)」(以下「FreeiD」)と、xID株式会社(クロスアイディ、東京都千代田区、CEO 日下 光、以下xID)が提供するマイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID」が連携することをお知らせいたします。本連携により、マイナンバーカードと連携した顔認証サービスを実現し、住民の利便性向上、自治体職員の業務効率化を目指してまいります。
 また、DXYZとxIDは、京都府亀岡市 (市長:桂川孝裕) と共に、亀岡市内の子育て関連施設において、「マイナンバーカード連携 顔ダケで、市民サービス」顔認証受付の実証事業(以下「本実証事業」)を2月1日より開始します。

連携の背景

 デジタル庁が構想するマイナンバーカード1枚で様々な行政サービスが受けられる社会を目指す「市民カード化構想※1」の下、全国各地の自治体では、図書館カード、診察券、高齢者タクシー補助、避難所受付などで、住民が持参したマイナンバーカードを認証するサービスを提供しています。しかし、物理カードには、紛失や盗難のおそれ、子ども・高齢者が携帯する難しさ、避難時の持ち忘れなど様々な課題があります。
 一方で顔認証は、紛失や盗難の恐れがなく、あらゆる年代の方が利用でき、避難時等いかなる時も持ち忘れることがなく、「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化を。」実現することが可能です。
 DXYZでは、1度の顔登録で『顔ダケで、世界がつながる。』顔認証プラットフォーム「FreeiD」を提供しており、鍵や財布・スマホを持つことなく“顔ダケで”自由に駆け出せる世界を実現すべく、マンションやオフィス、保育園等での顔認証サービスに加えて、自治体による住民サービスを顔認証で提供することを検討しておりました。
※1デジタル庁「マイナンバーカード・インフォ P9 市民カード化構想

「xID」と「FreeiD」が連携して実現すること

 「xID」はこれまで全国で400以上の自治体で活用されており、自治体が提供するさまざまなサービスと連携しています。
 xIDが提供する「xID」とDXYZが提供する「FreeiD」が連携することで、マイナンバーカードに登録された基本4情報(住所・氏名・生年月日・性別)を活用した住民サービスを“顔ダケで”利用できるようになります。

  • 事前登録時に、在宅でもマイナンバーカードを連携した「xIDアプリ」を利用することで、市役所窓口などでの対面での在住確認が不要になります。
  • 当日のサービス利用時に、利用者は本人確認証の提示が不要になり、施設では受付の省人化・無人化、利用状況の見える化、持ち忘れ時のトラブル防止等が実現します。
  • 自治体では、住民サービスの利用状況が見える化でき、データを活用することで新たな住民サービスの企画・実行・検証がよりスムーズに実現します。

本実証事業の概要

 本実証事業は、DXYZが2022年度より採択されている亀岡市による「サンガスタジアム・イノベーション・フィールド実証支援事業(以下「SIF事業」)」の下、亀岡市内の子育て関連施設を活用し、2023年10月から12月まで実施した「顔ダケで、市民サービス※2」の継続の取組みとして実施するものです。

 「顔ダケで、市民サービス」では市役所窓口での在住確認が必要であり、平日に窓口に行けない市民が顔認証受付を利用できない課題がありました。本実証事業では、在宅でも在住確認が可能になり、あらゆる市民に顔認証受付を利用いただけるようになります。

※2 2023年10月12日プレスリリース参照:https://freeid.dxyz.co.jp/press-release/post-2266/

実証期間:2024年2月1日~2024年2月28日予定

利用方法:①SIF事業ホームページより実証参加申込(FreeiDより招待メールが送信)
     ②世帯の代表者1名がFreeiDアプリで利用申請、xID連携、家族の顔登録を実施
     ③子育て関連施設の窓口で顔認証すると、本人確認証の提示が不要に

利用場所:①サンガスタジアムbyKYOCERA内の木育ひろば「KIRI no KO」
     ②ガレリアかめおか内のこどものあそびば「かめまるランド」

※「KIRInoKO」と「かめまるランド」の両施設が利用できる実証参加者を、定員200世帯の募集中で、参加希望者はSIF事業サイトより参加申し込みをお願いします。(https://kameoka-sif.jp/info/0116/
※定員〆切後は「かめまるランド」のみ利用できる実証参加者を継続募集します。

 

「マイナンバーカード連携 顔ダケで、市民サービス」の今後の展望

 今後、xIDとDXYZではマイナンバーカードと連携することで、受付での本人確認だけでなく、市民一人ひとりに向けた、バスやタクシーでの優待、クーポンの利用、地域通貨の決済など、様々な市民サービスを“顔ダケで”利用できるよう協業を推進してまいります。

「xIDアプリ」について

 「xIDアプリ」は、マイナンバーカードと連携することで、より手軽に本人確認、本人認証、電子署名ができるデジタルIDアプリです。初回登録時にマイナンバーカードの署名用電子証明書をスマートフォンのNFCで読み取り、本人確認を実施することでIDを生成。以降、「xIDアプリ」を使って電子認証・電子署名を行うことで、金融サービス利用開始時の本人確認や行政手続きをオンラインで完結させることができます。

 

【KIRInoKO 施設概要】

  • 所在地 :京都府亀岡市 亀岡駅北1丁目8番地2 サンガスタジアムbyKYOCERA内
  • 営業時間:10:00~17:00(※16:15最終受付)
  • 定休日 :月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)
  • 施設HP :https://kirinoko.com/

 

【かめまるランド 施設概要】

 

【xID株式会社 会社概要】

  • 代表取締役CEO 日下 光
  • 設立:2012年5月
  • 本社:東京都千代田区内幸町2丁目1−6 日比谷パークフロント19F
  • 事業内容:マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューションの提供
  • 企業サイト:https://xid.inc/home

 

【DXYZ株式会社 会社概要】

  • 取締役社長 木村 晋太郎
  • 設立:2020年8月14日
  • 本社:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階
  • 事業内容:顔認証プラットフォーム事業、DX推進支援事業、システム受託開発事業
  • 企業サイト:https://dxyz.co.jp/

 

 DXYZでは『デジタルで、目に映る世界をより豊かに。』を会社のMissionに掲げ、『人と人が深く、温もりをもってつながる』未来を実現するために、誰もが自由に顔認証サービスを開発・導入できるようにし『顔ダケで、世界がつながる。』顔認証プラットフォームFreeiDを展開しております。

本件に関するお問い合わせ先

DXYZ株式会社 経営企画部 

TEL:03-4477-6589 

Mail:pr@dxyz.co.jp

事務所・施設へのFreeiD導入や
サービス提携のご相談はこちら

CONTACT